blog index

CTP絵本で英語講師!

MUM'S ENGLISHは、CTP絵本でレッスンをる講師を応援します。
<< PHONICSについて | main | 決めなければならないこと >>
教室での英語
0
    レッスンを全部英語で通すか
    一部日本語にするか、は
    色々な考え方があると思いますが

    あまり込み入った話でなければ
    説明も会話も英語で良いと思います。

    レッスン初日に
    英語のお話を理解できなくても
    どんなお話かなと想像しながら聞くことを
    約束しましょう。

    不思議なんですが
    英語でゲームのルールを説明しても
    クラスの1人か2人は理解して
    それをみんなに説明してくれます。

    そのうちに、みんなの英語も上達して
    何となく理解できるようになります。

    さて、指示英語ですが
    本もたくさん出版されていますよね。

    そのような本が必要かといいますと
    う〜ん、どうでしょう。
    英語の言い回しが自分にしっくりこないこともあります。

    そんなときは、
    レッスンを思い浮かべて
    この表現はなんて言うんだろう・・と
    思ったら、自分なりの表現を書いてみましょう。

    確かに、ネイティブらしい表現も良いですが
    日本人がネイティブらしい、というのも・・
    一般的な表現も無難で良いと私は思います。

    自分の表現が特に見つからないときは
    そのような本から見つけるのも良いです。
    最初はしっくりこなくても、
    毎日何度も言っているうちに
    自然と英語が出てくるようになります。

    そして、英語講師になるなら

    英語を聞くこと
    英語を話すこと
    この2つは、ずっと続ける努力は必要です。
    (授業中も英語ですから、結構話していることになりますが。)


    毎日、どんな形でも良いので
    英語を聞いて、それを真似て言いましょう。

    また、自分の考えや今していることなどを
    英語で言ってみる、という練習も良いです。
    いつでも、何処でも出来ますよ。
    (お金も掛かりません)

    間違っているかも?と心配ですか。
    英語は、言葉ですから
    どんなに間違っていても、相手に通じれば
    本来の目的は達成したことになります。

    そんな風に考えて、
    少し、自分を楽にしてあげても
    良いと思います。

    (レッスンに使う言葉は何度も練習して間違いの無いようにしましょう。)


    | mumsenglish | 英語講師 | 20:24 | - | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ